Loading...

EN

お知らせ

お知らせ

周辺情報

  • 日本浮世絵博物館

    2017/09/01

    ミシュラン・グリーンガイド 2つ星

     

    日本浮世絵博物館は古くは江戸時代、松本の豪商でもあった酒井家によって始まった浮世絵の収集でした。200年にわたり収集がされた数々の作品が展示されています。

     

    松本I.Cに近く、市街地からは少し離れていますが、訪れる観光客は後を絶ちません。

     

    開館時間 10:00~17:00(最終入館 16:30)

    休館日 月曜日(休日の場合はその翌日)

    年末年始

     

    入館料 一般 1,000円

    中学、高校、大学生 500円

    (小学生以下は無料)

     

    ※割引料金について 以下の方は100円引きで入館できます。

    ・団体(20名様以上)・障がい者・シニア(60歳以上の方)

    ・隣接する歴史の里の版権をご持参の方

  • 松本市時計博物館

    2017/09/01

    松本市は「松本まるごと博物館」という事業に取り組んでいます。その構想のもとで初めて建設されたテーマ拠点の博物館です。その古時計のコレクションは国内でも有数で、市民はもとより、観光の方々にも親しまれています。

    もともとは本田親蔵氏(1896年~1985年)が集めた和洋の古時計コレクションでしたが、人々に長く親しんでいただきたいとの願いで、松本市に寄贈されてものです。

    館内には110点以上の時計があり、そのほとんどが現在も時を刻んでいます。

    来館の方々には映像案内やミニコンサートなどを開催し楽しんでいただける工夫がされています。

    開館時間 9:00~17:00(最終入館 16:30)

    休館日 月曜日(休日の場合はその翌日)

    年末年始(12月29日~1月3日)

     

    入館料 大人300円

    小中学生 150円

    ※20名以上の団体は50円引き

  • 旧開智学校

    2017/09/01

    旧開智学校は国宝松本城の北側に位置し、明治6年筑摩県学を改めて学生による小学校「第二大学区第一番小学開智学校」として開講いたしました。

    構造は木造で桟瓦葺、寄棟2階建土蔵造りで、中央に「東西南北」の風見を配した八角塔が高くそびえ立ち、各窓に舶来のギヤマン(ガラス)を取り付けた、和風と洋風の入り混じった擬洋風建築の代表的なものといわれています。

    昭和36年に国の重要文化財に指定され、昭和38年には女鳥羽川畔にあったものを解体移築復元されました。

     

    開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)

    休館日 年末年始(12月29日~1月3日)

    3月~11月は第3月曜日(祝日の場合は翌日)

    12月~2月は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

     

    観覧料 個人 大人300円、小中学生150円

    団体 大人250円、小中学生100円(20名以上)

  • 大王わさび農場

    2017/09/01

    現在の大王わさび農場がある周辺は雑草が生い茂る野原でした。扇状地にあるこの場所と豊富な湧水に目を付けた先人たちは、20年という長い歳月をかけて開拓し、現在の大王畑を完成させました。

    2011年にはNHK朝の連続テレビ小説の舞台にもなり、撮影用の家も建てられておりました。(現在は解体済)わさび園の脇には透き通る川が流れ、ボートに乗ったりなどアクティビティも楽しめる環境となっている。

     

    営業時間 3月~10月9:00~17:20

    11月~2月9:00~16:30

     

    年中無休

     

    入場料 無料

  • 白駒池・苔の森

    2017/09/01

    2017年夏の信州ディスティネーションキャンペーンで有名になった苔の森。北八ヶ岳白駒池にあります。標高2,000メートル以上の高地にある湖としては日本一の白駒池。そして、その森一面に広がる青きコケ。ファンタジーの世界に迷い込んだような自然の美しさを体感できます。

     

    詳しくは白駒池・苔の森特設ページをご覧ください。

    https://www.tateshinachuoukougen.com/sirakomaike-kokenomori

@ Matsumoto Hotel Kagetsu