CATEGORY
  • 立山黒部アルペンルート

  • 2017/09/01

  • 北アルプスを貫く、富山と長野を結ぶ山岳観光ルート

    立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができます。

     

    長野県側から向かう場合には

    信濃大町や大町温泉郷から路線バスで「扇沢」へ向かいます。

    扇沢→黒部ダム 関電トンネルトロリーバス

    黒部ダム→黒部湖 徒歩

    黒部湖→黒部平 黒部ケーブルカー

    黒部平→大観峰 立山ロープウェイ

    大観峰→室堂 立山トンネルトロリーバス

    ※雪の壁はこの室堂から観られます。

    室堂→天狗平→弥陀ケ原→美女平 立山高原バス

    美女平→立山駅 立山ケーブルカー